イギリスへ留学するならロンドン・メトロポリタン大学

beoでサポートするイギリス留学

大学について

大学の設備

ロンドンメトロポリタン大学はここ数年の間に、最新鋭の教育や専門分野を生み出しています。
学生の学習をサポートするため、キャンパスごとにある図書館や、豊富な電子情報源へのアクセスなど、多くの施設や設備を提供しています。

法律を熱心に学ぶ研修生たちに

将来、法律関係の仕事に就きたい学生の為に、証人席や傍聴席を完備した疑似法廷があります。
どのように裁判が進むのかプロセスの説明や、法廷の環境に慣れることはもちろん、法廷上でのプレゼンテーションスキルも身に付けることができます。
2012年に行われたThe ESU National Mooting Competition では、2名の法学部学生が参加した64校のうち、5位に入賞しました。

ジャーナリストを目指すために

2012年にジャーナリズム科の学生たちに向けてニュースルームを新しく開設しました。
ガーディアン紙の編集長であるアラン・ラスブレッジャー氏によって10万ポンドをかけた新施設が発表され、学生たちがメディア業界でのキャリアを積めるよう、最善のトレーニングを受けることができるようになりました。
また、ニュースレポーターを目指す学生は、ロンドンメトロポリタンのキャンパス内にある学生ラジオ局(Verve)で、スタジオ内部の仕組みなどを学ぶことができます。

勤勉な経済学者、銀行家には

大学内にあるブルームバーグ情報端末は、企業情報、ニュース、金融商品価格と評価分析などの膨大なデータベースをリアルタイムで提供しています。 また、世界で最も重要な銀行情報の元のひとつとなっている、バンクスコープ(Bankscope)へのアクセスが可能です。

勉強中の科学者たちへ

私たちの3000万ポンドを投資したサイエンスセンターは、280台のワークステーション(情報処理用のパソコン)を備えた「スーパーラボ」を備え、多くの施設を提供しています。 組織培養研究と細菌学のための専門ラボ、核磁気共鳴室、そして浮遊・移動性のあるウイルスを研究するための3つの特別実験室があります。また、スポーツセラピーのための研究施設、栄養生理学研究施設、瀉血療法の研究施設などがあります。

未来を見据えたITのスペシャリストたちへ

コンピューティング学部の学生は、パソコンに接続されたプログラマブルゲーム機を備えたゲームラボスタジオや、シスコ(世界最大のコンピューターネットワーク開発会社)のロンドン支部、スマートフォン用のマルチプラットフォーム(複数の異なる仕様の機種でも同じソフトが作動すること)アプリを開発できるソフトウェアを備えたモバイルアプリケーションラボ、また、WOWエージェンシーなどと共同し、IT、デジタル、マルチメディアに関心の高いトップクラスの学生が、新しいウェブサイトやアニメーションの開発など、実際のプロジェクトに取り組んでいます。 Comic ReliefとEMI Recordsがトップクライアントです。