イギリスへ留学するならロンドン・メトロポリタン大学

beoでサポートするイギリス留学

留学体験談

ロンドン・メトロポリタン大学で翻訳を学ぶ

宮内 美佳さんの体験談 第3回 これから留学される方へ
宮内 美佳さん宮内 美佳さん
専攻名:Department of Humanities, Arts, Languages and Education/ Applied Translation Studies 翻訳コースについてはこちら
留学期間:2008年9月~2009年9月
beoカレッジ受講コース:留学総合英語 留学のためのスピーキング

留学を実現するためには、固い決意と実現のための多大な努力が必要かと思います。そんななか、宮内さんが留学を実現できたのはなぜだと思いますか?
後悔したくない
留学しなかったという後悔を残すのはどうしても嫌だったので、たとえ周りがどう思おうとやらないよりはましだ!という強い思いを持つように心がけていました。自分の決意さえ固まれば、その後の勉強や準備の大変さも乗り越えられると思います。

カウンセリングやアドバイスを受けるなかで、留学の決意が具体的な実現へと動き出した
私は、何かはっきりとした目標がないと頑張ったり努力したりできないタイプなので、留学という目標が定まってからは大変な中にも充実した毎日を送っていたという記憶があります。あとは、周りのサポートもとても重要だと思います。実際に留学した人に話を聞いたり、beoでのカウンセリング、アドバイスを受けたことで留学への決意が具体的な実現へと動き始めたように思います。

学校、仕事、時間、資金、将来のことなど、様々な制約から留学を悩まれている方が多くいらっしゃります。宮内さんならそのような方にどのようなアドバイスをされますか?
私自身も、高校の頃から26歳で留学するまでずっと"いつかは..."と思いながらきっかけをつかめないでいたので、留学しようか悩まれている方の気持ちがとてもわかります。

まずは留学への思いを口にだして!
実際に様々な制約もあり、なかなか実現への一歩を踏み出せないこともあると思いますが、動き出してみるとそれまで悩んでいたことがふっきれたり、具体的な解決策が見つかったり、意外とやればできるものだ、という実感を得ることができると思います。自分の経験上、まずは家族でも留学カウンセラーの方でも誰でも良いと思うので留学への思いを口に出して見ることが大切だと思います。自分の考えも整理でき、有言実行に向けて動き出さなきゃ、という気持ちになれることが何より大きな前進だと思います。

2010年の留学を考えている方、迷われている方にメッセージをお願いします

数え切れないほどの貴重な経験
今、留学生活の後半にさしかかり、これまでを振り返ってみると本当に数え切れないほどの貴重な経験をしたなぁという充実感があります。留学生活で得たものは語学に関する知識だけではなく、留学しないと得られなかった新しい人との出会いや価値観など、良いことも悪いことも含め何ひとつ無駄なものはなかったと確信しています。言葉にするとありきたりに聞こえてしまうので、ぜひ多くの方に同じような経験をして、同じ思いを感じていただきたいです。

l同じ翻訳コースの友達やその友人たちとプラハへ旅行
同じ翻訳コースの友達やその友人たちとプラハへ旅行