イギリスへ留学するならロンドン・メトロポリタン大学

beoでサポートするイギリス留学

留学体験談

Miyuki Matsuda
MA TESOL

私は地方の公立中学校で教師をしていた時に、修士号取得のために1年間の奨学金を獲得しました。言語教育の専門的な理解を深め、私自身の英語力を向上させるためにロンドンで学ぶことにしました。IELTSのスコアは合格基準を満たしていましたが、大学院課程開始前に英語センターでプレセッショナルコースに参加しました。 このプレセッショナルコースは、英語を学びリサーチスキルを伸ばすのにとても役立ちました。世界中から集う学生たちと教室を共にしたことで、英語が世界言語であることに気付かされました。ロンドン・メトロポリタン大学での大学院課程の英語教授法コースでは、異なるバックグラウンドを持ちながらも、言語教育や比較教育研究に対し、自分と同じような関心を持っている人々と出会いました。クラスメートとは、異なる教育文化における教授法や学習法について学び合いました。またこのコースは、言語教育や批評的思考、恊働の価値についての理解に関する批評的意識を伸ばす手助けとなりました。 教師陣は熱心で、学習や個人的なことについてサポートしてくれました。それが、このコースがとても素晴らしいものになっている理由の一つです。学校教師として、また、研究者として、日本に戻ってまた生徒たちに教えることを楽しみにしています。母国語を学ぶことは言語と文化についての自分自身の理解を深めることにつながると思い、今は国語教育にも興味がわいています。 言語は複雑で、政治、社会、文化、アイデンティティ等の様々な物事に関連しています。教室で研究を続け、身に付けた知識がどのように実際の教育に応用できるのか、観察しようと思っています。留学中に出会った友人たちとも、現代のテクノロジーを駆使して連絡を取り続けたいと思っています。