イギリスへ留学するならロンドン・メトロポリタン大学

beoでサポートするイギリス留学

留学体験談

Toshio Okabe
MA International ELT and Applied Language Studies

実践的なコースで教育スキルを伸ばす方法を探していたとき、イギリスのコースはとても実践的であると聞き、イギリスで探しはじめました。いろいろ調べ、ロンドン・メトロポリタン大学に私が望んでいたコース(国際英語教授法と応用語学)があることが分かりました。ロンドン・メトロポリタン大学ではたくさんの留学生が学んでいることもあり、このコースに出願することにしました。無条件で入学許可を得て、ロンドン・メトロポリタン大学の奨学金も獲得でき、とてもうれしく思います。

日本における大学の授業は、大教室で大人数で受けるのが普通だと思います。ですから私は、ロンドン・メトロポリタン大学が得意とする、学生一人一人に教授の目がよく届く少人数での授業が大好きでした。授業では教師陣にどんどん質問でき、世界中から集まっている他の学生たちの質問から、多くの事柄を学べるということが気に入りました。日本人学生は、世界のほかの文化についてももっと学ぶことで得るものがあるのではないかと思います。ロンドン・メトロポリタン大学では、国籍が異なる多くの学生たちがお互いに英語を話して勉強しているので、様々な発音や話し方を聞くことも面白いです。コースではたくさんの本を読まなければなりませんが、ほとんどが講義中心である日本での授業とは異なるので、とても楽しんでいます。ここではどの学生も平等に扱われていて、これは素晴らしいことだと思います。教師陣は学生に関心を持ち、学習の仕方をアドバイスして指導してくれます。ある質問をすれば、とてもよく考えて個別に回答してくれます。その回答は素晴らしく、多くの情報が含まれていてとても役に立ちます。

文系でも理系でも、学びたいと思うならロンドン・メトロポリタン大学をお勧めします。この大学は、“講義で教え試験する”だけではなく、学びたいと本当に思っている人々のことを考えてくれます。日本にいる友達や全ての方にロンドン・メトロポリタン大学を推薦します。コースにはとても良いモジュールがたくさんあり過ぎて、選択に迷ってしまいます。全部履修したいくらいです!