イギリスへ留学するならロンドン・メトロポリタン大学

beoでサポートするイギリス留学

学べる分野・コース

大学院

ロンドン・メトロポリタン大学は7つのアカデミックな学部があり、それぞれが知識、経験と研究機関が充実しています。

社会科学と人文学
Faculty of Social Sciences and Humanities

社会科学と人文学は幅広い科目に渡って質の高いコースを提供するため、理論と実践の両面を兼ねそろえています。学生が多岐に渡る希望に沿ったキャリアへの道を築く準備ができるよう全てのコースに実践と理論そして就職基礎能力のカリキュラムをコースに組みこんでいます。

建築・空間デザイン
Architecture and Spatial Design

国際的に有名なこの建築とインテリアデザイン学部の卒業生は、建築家、建築アシスタントまたはインテリアデザイナー、また研究、ジャーナリズム、購買に関連する分野やの仕事に進んでいます。当学部の学生は、多くの国内および国際的なコンクールで優勝しています。Colin Wharryは、2009年のビルデザインのコース受講生の一人で、Matthew Dalzieは建築財団(Architecture Foundation)から表彰され、Priscilla Fernandesは、建築の学生デザイン賞2009を受賞しました。

アート・メディア・デザイン
Sir John Cass Department of Art, Media and Design

学生は数多くのキャンパス内のギャラリーに年間を通して自身の作品を展示し、多くの学生が主要な国際フェスティバルで作品を展示し、名門コンクールで優勝しています。コースの終わりには、学生は有名なキャスサマーショー(Cass Summer Show:ロンドンで才能ある卒業生のために開催される最大のショーケースの一つ)

コンピューティング
Faculty of Computing

コンピューティング学部はコンピューティング業界で世界のリーダーへと導くことのできる専門的な資格と一最先端の学問を提供しています。これはマイクロソフト、Cisco、アップル、インテルやその他の企業とのスピーカーなどのコンピューティング業界における世界のリーダーとのアクセスを与える学生事業のワークショップを提供することによって実現しています。更に、マルチメディア、アニメーション、フィルミングたゲームの開発などの実務の機会を学生に与えるゲームラボのコンサルタントも行っています。

法律、政治・国際関係学
Law Governance and International Relations

法的、政治的な強い繋がりを築きあげることにより、学生の将来の就職の見通しを強調します。
ほぼ全てのコースは世界の最も刺激のある、ロンドンに位置しており、ロンドンの法的や政治的な専門家と強いつながりを持っています。当コースの臨床方教育研修にはロンドンでの職業体験や一流の法律事務所、非政府機関などがあります。卒業生は議会や国連、ビジネスなど様々な場所で活躍しています。

生命科学
Faculty of Life Sciences

生命科学部は、心理学部と人間科学部と合同しているヨーロッパの中で1番大きい研究所を誇りにしています。人間科学部は地域の病院や薬局、食品業界ととても近く繋がっています。また、当学部のスタッフは肥満などの生活習慣病の治療の研究をベースとしたクリニックを開いています。心理学部では、40年以上もの心理学を教授しており、応用心理学は法医学、スポーツ、中毒、カウンセリングやメンタルヘルスなど多岐にわたります。

ビジネス
London Metropolitan Business School(LMBS)

ロンドン・メトロポリタンビジネススクール(LMBS)での全てのコースは実際のビジネスの活動が組み込まれています。更に当ビジネススクールは世界各地の大学と繋がっています。LMBSのスタッフはグローバルビジネスや経営動向の専門家であり、それぞれの分野に非常に卓越しています。学生は。エールフランス航空、アーセナルフットボールクラブ、バークレーズ、BBCワールドワイド、BP、HSBCとヴァージンなどの国内、国際的な企業や機関で職業経験をすることができます。

ロンドン・メトロポリタン大学の大学院課程コースは多彩なサブジェクトエリアに及んでいます。ここでご紹介するリストは、大学が提供するすべてのコースではありませんので、くれぐれもご注意下さい。フルリストは英語サイトでご覧頂けます。また、コース内容の変更や、コースのキャンセルの場合もありますので、コース・費用に関する最新情報は日本出願窓口(beo)にお問い合わせ下さい。