イギリスへ留学するならロンドン・メトロポリタン大学

beoでサポートするイギリス留学

学べる分野・コース

大学留学

コース一覧

ロンドン・メトロポリタン大学は7学部を擁しており、各学部では豊かな学問的蓄積、経験と研究成果に立脚して教育しています。フルリストは英語サイトでご覧頂けます。

社会科学と人文学 Applied Social Sciences

社会科学・人文学部では、理論と実践を組み合わせ、多様な学問分野の専門別に、質の高いコースを設置しています。全てのコースのカリキュラムには、実践、理論、就職に役立つ教育が組み込まれており、将来のキャリアへの道が広がります。

建築・空間デザイン Architecture and Spatial Design

本学部は国際的に知られており、卒業生は、建築家、建築アシスタント、インテリアデザイナーとして、また、関連する研究、ジャーナリズム、建築調達等の分野で活躍しています。さらに、本学部在学生は、国内外を問わず数々のコンペティションで優勝しています。現在活躍中のコリン・ワーリィ(Colin Wharry)は、2009年度のビルディングデザインクラスの学生でした。マシュー・ダルジエル(Matthew Dalziel)は、アーキテクチャ・ファウンデーションから表彰を受け、プリシラ・フェルナンデス(Pricilla Fernandes)は、2009年アーキテクチャ・スチューデント・デザイン・アワードを受賞しました。

アート・メディア・デザイン
Sir John Cass Art, Media and Design (JCAMD)

本学部はその多岐にわたるユニークなコースと最新鋭の設備、質の高い教育で世界的に知られています。学内には数多くのギャラリーがあり、一年を通じて在学生が作品を展示しています。本学部学生の多くが主要な国際フェスティバルに出展しているほか、権威あるコンペティションで優勝しています。卒業時には、名高いキャス・サマー・ショーで作品を展示します。これは、ロンドンにおいて、大学を卒業する学生の才能を紹介する最大規模の展覧会となっています。

コンピューティング Computing

本学部では、最先端の学問知と専門能力を身につけ、コンピュータ産業における世界的なリーダーたちと共に働く機会への道が開けます。スチューデント・エンタープライズという講座では、マイクロソフト、シスコ、アップル、インテル等からスピーカーを招き、世界のリーダーたちと交流することができます。また、ゲームラブコンサルティングという授業では、実社会のマルチメディア、アニメーション、映画、ゲームの開発を経験できます。さらに、ワールドオブワーク(WOW)エージェントでは、実際のプロジェクトを通じ、学生や卒業生は業績に見合った報酬を得ることができます。

法律・政治・国際関係学 Law, Governance and International Relations

本学部では、法律や政治の専門家との強いつながりを構築することで、学生たちの就職機会を拡大することを目指しています。世界で最も刺激的な街の一つ、ロンドンの中心にあるという地の利を生かして、当地で活躍する法律家や政治関係者らとの強固な関係作りを進めています。本学部の臨床法学プログラムでは、市中の法律実務家、一流の法律事務所、NGO等と学生とを引き合わせます。本学部の卒業生は、政治、国連、ビジネス等の分野で幅広く活躍しています。

生命科学 Faculty of Life Sciences

心理学科と人間科学科を統合した革新的な本学部では、ヨーロッパで最大のオープンプランスタイルの実験室を擁しています。人間科学科は、地域の病院や、医薬品・食品産業と密接な関係を持っており、教師陣は、研究に基づくクリニックにおいて肥満等の慢性病の治療を行っています。心理学科は、40年以上の心理学教育の経験を有しています。本学部では、法医学、スポーツ、依存症、カウンセリングとメンタルヘルス等の幅広い分野に心理学を応用しています。

ロンドン・メトロポリタンビジネススクール 
London Metropolitan Business School

本学ビジネススクール(LMBS)では、全てのコースで実社会のビジネス活動を教育に取り入れているほか、世界中の大学と連携しています。教師陣は、グローバルビジネスやマネージメントの動向に関するエキスパートであり、当該分野で高く評価されています。本学では、エールフランス航空、サッカーチームのアーセナル、バークレイズ銀行、BBCワールドワイド、BP、HSBC、ヴァージンなど、国内外の多数の企業や団体でのインターンシップを学生が有効活用するよう促進しています。

本学では学部課程のコースを数多く用意しています。全科目はこちらをご覧ください。(現地英語サイト)

コース開講、授業料、コース内容等詳細については、日本出願窓口beoまでお問い合わせください。